妊娠線予防

オイルで妊娠線を予防できました!

私が妊娠した時、不安に思っていたことの1つが妊娠線でした。どれくらいお腹が大きくなるのかということや、妊娠線はできるのかということでした。そして何より、妊娠線ができたとしたら、産後に消えるのかどうかが不安でたまりませんでした。と言うのも、私の赤ちゃんは双子だったのです。双胎妊娠というやつなので、単胎妊娠よりもちろんお腹は大きくなります。
ですので、私は妊娠中期くらいのお腹が出だす時期からオイルをお腹に塗っていました。妊娠線予防もありますが、お腹が大きくなって皮膚が伸びてくるからか、お腹がかゆくてたまらなかったので、その処置のためでもありました。特にお風呂上りは体から水分が蒸発して、皮膚が乾いた感じがして、思わずかきむしりたくなったものです。妊娠してから体調も安定しなくなったので、とても辛い体の変化でした。私が使ったのは市販の妊娠線予防オイルでしたが、使い心地がとてもよく、お腹のかゆみも収まりました。お腹だけでなく、肌の手入れがてら脚や背中にも少し塗ったら保湿効果がすごかったです。ちょっとベタベタすると感じるくらいに多めに塗った方が効果的でした。
とはいえ双胎妊娠でお腹が張りやすかったので、お腹にはオイルは塗るだけにとどめて、マッサージは一切しませんでした。クリームではなくオイルを塗ることにしたのも、軽い力でお腹にオイルを塗れるようにです。また、妊娠初期のつわりでにおいに敏感になることもあったので、オイルは店頭で香りをチェックして選びました。リラックス効果のあるというアロマの香りのオイルにしたので、芳香も楽しむことができました。私がオイルをお腹に塗ったのは、妊娠線予防もありましたが、皮膚の保湿とかゆみへの対処という意味でもありました。それでも皮膚には良かったのか、妊娠線はほとんどできませんでした。やはり多少の皮膚のたるみと、少し皮膚が割れたような跡がお腹に残りましたが、妊娠線というほど目立つ線ができなかったのは、オイルのおかげかなと思っています。
また、オイルは妊娠中だけでは使い切らなかったので、子どもが無事産まれてからもしばらくはお腹に塗り続けました。産んですぐお腹は引っ込まないし、産後は体がむくんだりもしたので、今度はマッサージも少ししながらお腹をいたわるように塗りました。産んで3日くらいしたら体もスッキリしたので、効果はあったと思っています。