妊娠線予防

2人目妊娠時に油断して妊娠線が!

長男を妊娠しているときは、初期から中期にかけてつわりがひどく、食べられる食べ物と言えば、豆腐に新ショウガのみ。飲み物は味のない炭酸水だけ。
そんな感じで妊娠をスタートしたため、初めの2カ月くらいでマイナス4,5キロとなりました。その後も初めての妊娠ということで、食べ物などにはいろいろ気を使っていた記憶があります。
妊娠線もできないようにと気を使って、お風呂の後には必ずクリームでお腹をマッサージしていました。
特に体重増加も問題なく、プラス9キロ程度で出産までたどりつき、妊娠線もできませんでした。
しかし、次男を妊娠中はつわりがほとんどなく、長男の時と違って食べ物もなんでもふつうにおいしい! 
無性にフライドポテトなどが食べたくなったり、仕事も忙しかったため、お昼はファーストフードで簡単に済ませてしまったりすることも多く、体重もみるみる増加していきました。
私の通っていた病院は、妊婦健診時の体重測定は自分で体重計に乗ってはかり、手でメモするというアナログな形だったため、健診時にお医者さんから体重増加を注意されるのが怖くて、ちょっとごまかしごまかしやっていました。
長男と次男は2学年差のため、次男妊娠中は、仕事に長男のはじめての育児にとてんてこ舞いな毎日。
お風呂後にクリームでお腹をマッサージするのも、やったりやらなかったりで、自分の体のメンテナンスはかなりいい加減な日々だったと思います。
また、長男の妊娠時には妊娠線はできなかったので、今回もできないだろうと勝手に思ってしまっていたところもありました。そういう思いが一番甘かったと思います。
結局、体重増加はプラス12,3キロで、長男出産時よりも増加の多い状態で出産を迎えたと思います。
そして妊娠線ができていることに気が付いたのは、出産後。
もともと、お腹の肉は気になって隠すことは多かったですが(笑)、今は子供たちとプールに行くときなどは、お腹は絶対隠れる水着にしています。
1人目で大丈夫だったから、と2人目出産時はいろいろなことに油断しがちで、さらに上の子の育児にも手を焼く毎日に、自分のための時間も限られてしまいます。
でも、やはり気を使うところはきちんと気を使わなければ、その後が大変だな・・・とちょっと後悔しています。
子供のためにきれいなママでいるためにも、これから妊娠される方は、きちんと妊娠中から細かいところまで気を使って生活することをお勧めします。