妊娠線予防

これから妊娠するママさん達に妊娠線について伝えたい事

私が妊娠したのは結婚式をあげて半年後で新婚旅行を3か月後に控えている時期でした。つまり全く計画もせず妊娠をしたので、出産はもちろん妊娠についても無知でした。そんな無知の状態でつわりが始まりました。つわりも、どちらかというとつらいタイプで最初の2か月間は寝込んでいる状態でした。後期のつわりもあったので結局出産する前の日まで体調不良に悩まされました。
そんな私なので、妊娠線について考える暇もなくつわりが少し落ち着いてきた時期にはお腹が大きくなり始めていました。それも私のお腹の中は男の子だった事もあり、お腹は前に向かってかなり大きくなっていました。そんなお腹が大きくなった私に先に出産をしていた妹が妊娠線予防のためのクリームをプレゼントしてくれました。実はその時初めて妊娠線の存在を知ったのです。「妊娠線って何?」といった感じでした。そんな私に妹は、「お姉ちゃん、ちゃんとケアしないとシワシワになるよ。」と言いました。それからは体調が良い日は毎日クリームをぬりました。でもきっとその時には遅かったんだと思います。
今出産してから3年経ちましたが、私のお腹にはしっかり妊娠線が残っています。息子は私のお腹を見てある時、「ママのお腹シワシワしているね。」と言っていました。それをどうとらえるかは人それぞれだとは思います。若いママさんや美容に力を入れているママさんはやっぱりショックを受けるのかなとも思います。私はあまりそういうタイプではないので、息子に「そうだね。君がお腹の中にいた証拠だよ。」と言って笑って答えました。確かに1人でお風呂に入るとき鏡の前の自分の裸の姿に少し悲しくなる時もありますし、もう水着でお腹を出せないなとも思います。しかし、これも息子をお腹の中で一所懸命育てた証だと思えば誇らしくもなります。
これから妊娠する予定のママさんに伝えたい事は何事も知る事だと思います。妊娠・出産は本当に無知の世界なので、妊娠線以外にも色々と知っておくべきことはたくさんあると思います。妊娠線についても知っていれば事前に対応はできると思いますし、最近では保湿クリームもたくさん出ています。マッサージ方法もあるそうです。ご自身で考えて自分に合った対応をしていけたら良いのではないかなと思います。また私も第2子を考えているので、次は体調次第ではクリームを塗ったりマッサージをしたりして妊婦生活を楽しめたらなと思っています。