妊娠線予防

二人目は要注意!保湿はバイオイルで念入りに

私は二人出産していますが、一人目の時は保湿も特にせず、乳液を塗るくらいでした。ですが妊娠線は出来ず、無事出産。妊娠線ができなくてラッキーくらいに思っていたのですが、二人目はそうは行きませんでした。

二人目は一人目よりお腹が大きくなるのが早いよ~。と言われた通り、そのスピードは急激でした。特に我が家の場合、一人目は小さめで生まれたのですが、二人目は5ヶ月くらいから標準の上の方を行く大きめ赤ちゃんだったので、お腹の皮が伸びる伸びる…。ホルモンバランスや、皮が薄くなることで痒みも帯びてきて、とにかく温まったり乾燥したりすると痒いのなんの…。

というわけで、このままでは妊娠線ができてしまう!と始めたのが「バイオイル」での保湿ケア。オイルなのでちょっとべたつきはありますが、それも最初だけ。馴染むと気になりません。お風呂上がりや乾燥を感じたらこまめに塗るようにしていました。

しかし、8ヶ月ころになると、なんとお腹の下の方に妊娠線を発見!もう足元も見えないくらいにお腹が出ていたので鏡を見て発見したのですが、かなりショックでした。母にも「気を付けないと妊娠線は取れないよ~」と言われていたので、とにかく見つけてからは「もう他には作らないぞ」とこれまで以上に保湿に気を配り、痒くても掻かないを徹底しました。

その結果、それ以降妊娠線はできませんでしたが、出産してもしばらくは妊娠線が消えませんでした。現在下の子は6歳ですが、本当にうっすらと残っているくらいでほとんどわかりません。あの時妊娠線を見つけて「もういいや!」と開き直ってやる気を失わなくて良かったと思います。

私達の周りでは「バイオイル」が妊娠線予防には最も一般的で、ベビー用品を扱うお店ではよく売られています。早い人は5ヶ月くらいから使用している方もいるのではないでしょうか。とにかく大きくなるとお腹の皮が伸びて痒くなるので、絶対にボリボリ掻かない!これが鉄則です。痒い場合は保湿をしっかりしてさするくらいにしておきましょう。

また、二人目妊娠中は一人目のお世話で自分に構う時間がありませんが、産後妊娠線が酷く出来て目立ってしまうことを思うと、多少忙しくても妊娠中お風呂の後の保湿だけはしっかりしておくことが、後々に後悔しないための最善の方法かと思います。

保湿マッサージはリラックスも出来ますし、お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションにも繋がります。ゆったりとした気持ちで行って、綺麗なママを目指しましょう。